ムダ毛

男性ホルモンがムダ毛の毛量に影響している

キレイモ

 

やっかいなワキ毛や腕、脚、背中、指などの毛、果たして必要ある?

 

と言われる毛がいわゆるムダ毛と呼ばれている毛です。

 

私たちが煙たがるムダ毛にもちゃんと生えてくる意味はあるのですが、

 

人間がかつて猿だった時代からの名残と言ってしまうこともできます。

 

 

でも、そんなムダ毛も人によっては気にならない程度にしか生えていない人、

 

明らかに剛毛な人と千差万別です。

 

では、その個人差は何から来ているものなのでしょうか?

 

一般的にムダ毛の多い少ないは男性ホルモンが影響していると言われています。

 

男性に発毛が多い毛ってありますよね?

 

髭・胸毛はほとんど女性で生えている人はいません。

 

そして腕の毛や脚の毛なども、一般的に男性の方が発毛が多いです。

 

ですから体毛の量というのは男性ホルモンが大きく影響していることがわかると思います。

 

男性ホルモンが多い女性はこういった美容に関してはデメリットになることが多いのですが、

 

こと違う視点から考えると、体力があるなどメリットもあるのです。

 

 

でも、ムダ毛が少ない女性は脱毛にさほどお金をかけなくてもいいというのは事実です。

 

食べても太りにくい人はダイエットにもお金がかからない。

 

体質は自分で選んだものではないので辛いところではありますが、

 

私たちは与えられた環境を受け入れ、そこからより良い選択をしていけばいいのです。

 

 

KIREIMO -キレイモ-

本当は避けたいブラジリアンワックス脱毛

今は、中学生でもTバックを履いている子がいるというほど、昭和生まれの私にはなんとも理解しがたいことになっています。それと同時に、VIO脱毛に気を遣う美意識の高い女子高生たちが急増しているのです。
そこで、あまり金銭的に余裕のない女子学生の間で流行っているのがVIOラインなどのデリケートゾーンをワックスで脱毛するという「ブラジリアンワックス脱毛」。名前の由来はTバック発祥の国・ブラジルで定着した脱毛方法だからだそうです。
もちろんワックス脱毛なので、一時的ではありますが、1度でツルツルに滑らかな肌触りになるそうです。シェーバーなどで、デリケートゾーンを脱毛すると、伸びはじめはどうしてもチクチクするので、伸びはじめでもナチュラルな肌触りになるブラジリアンワックス脱毛が若い女の子たちに人気なのです。

 

でも、安価で手軽だからと安心してはいけません。ブラジリアンワックス脱毛は、お肌が強い方にはさほど影響はありませんが、お肌が敏感な方がすると下記のような症状が現れることもあります。

・処理後に開いた毛穴から雑菌などが入ろ赤く炎症を起こす。
・ブラジリアンワックスは一時的処理であるため、1か月もしない内にまた生えてきます。その都度、ワックスを塗って引き剥がすわけですから、肌への負担が重なり、赤みやかゆみ、ガサガサしてくることも。

 

できるものなら本当は避けて欲しい脱毛法です。

 

キレイモ